パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

インタビュー:香りのテーマについて subject and fragrance name

121103パリの本やさん.jpg

インタビュー:香りのテーマについて subject and fragrance name

 

Q:日本の自然、文化、フランスの歴史、アメリカのものなど、香りのテーマや名前について調香師のあなたを導いているのは何ですか?

 

A: 本は私の親友で、花は私の伴侶です。私は空想が好きです。
そこに生い立ちの環境があいまって、香りのテーマに導かれたと感じています。

 

小さい頃、よく親に連れられて海外を旅しました
まだ柔らかい心に異国の情緒が刻まれ、大人になって香りを作るようになるまで、その記憶は長く熟成されてきました。

 

また、本を読むのもとても好きだったので、自分の中にたくさんの空想の世界を作り、それは旅の記憶と重なって絵物語となりました。

 

大人になり再びその地との出会いがあった時、時を経たその思いがすらすらと言葉になっていったのです。

 

 

 20141028ジャスミン2.jpg

またアトリエの近くには、新宿御苑ナショナルガーデンがあります。


日本庭園、イギリス風、フランス風といった計画的な庭から、里山風の落葉樹の森など、東京の都心でありながら広大な自然に触れることができます。


私は四季の花を見るためにひんぱんにそこを訪れ、香りを堪能しています。
春はいたるところで次々と花が咲くのでパトロールをするのに忙しいくらいです。

 

私たちは花を愛でています。
それは、花の美しさだけに魅力があるのではなく、季節の巡り合いを愛しているのです。


冬を耐える梅の香りに希望を見るから、春の訪れに心が華やぐ桜だからこそ、感動するのだと思います。

 

テーマはこうした喜びにも導かれて浮かんでくるように感じます。

 

感動のないところに創造はありません。
人の心を動かすのは、そうして作られたものなのではないでしょうか?



 
 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.