パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

フジバカマの香り 秋の七草

111020ふじばかま.jpg

今日、ようやく新宿御苑のフジバカマが開花した。

匂いはまだない。(吾輩は猫である、名前はまだない、じゃないけれど)
というのは、生花よりドライフラワーにするといいにおいがするからだ。

桜の葉を塩漬けにするとあの甘い桜餅の匂いがするように、この植物も乾燥するとクマリンの一種類を生成する。

 

秋の七草のひとつ、フジバカマ。

「萩(はぎ) 尾花(おばな) 葛花(くずばな) 瞿麦の花(なでしこ) 姫部志(をみなへし) また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)」に詠まれている。

萩や、あさがおと詠まれているキキョウはもう散ってしまったが、尾花(すすき)はまだきれいにそろっている。


111020ふじばかまつぼみ.jpg

フジバカマは野に咲いていると地味でさっぱり目立たないが、切り花にして活けるととても野趣があっていい花だ。

といっても、お花屋さんで見かけるフジバカマは、本種ではなく園芸種らしい。

上は10月7日のフジバカマ。
まだつぼみ。いつ咲くかと待っていた。

下は10月14日。
まだ咲いていなかった。

母子森の水辺に一群れ、観察用に囲ってある。
これも、キキョウと同じく絶滅危惧種である。

111020ふじばかまつぼみ2.jpg

➤植物事典:フジバカマ キク科 ヒヨドリバナ属  学名 Eupatorium fortunei

 

追記:その翌年、温室に咲くフジバカマ(藤袴)を見たところ非常に香りが強く驚いた。甘く粉っぽいクマリンやヒリオトロピンのような匂いである。この日はほとんど匂いが感じられなかったが、まだ十分に咲いていなかったのか、または戸外でにおいがとどまっていなかったのだろうか。 2013/10/23

 

 

 

➤おすすめ商品  淡く優しい日本の桜。 オードパルファン さくら

▶パルファンサトリ 香水  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

ツイッターやってます。 parfumsatori

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.