パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

観葉植物シュガーバイン Parthenocissus sugarvine

20171027シュガーバイン.jpg

シュガーバインという、観葉植物のひとつ。
明るい緑、5枚の葉が車輪状にまとまっているのが、あどけない感じで好き。






20171027 多肉植物.jpg

ワンダーガーデンという静岡の出店。多肉植物がたくさん並べてあってとってもかわいい。

アトリエから帰る途中、駅ナカの露店(ろてん)で見つけた。ここのエリアでは週替わりでご当地名物や、食品、雑貨などのワゴンがでる。

いままでにもライチ、水晶かんきつなどを買ったのであるが、たまに珍しいものを見つかるので楽しい。この日も足早に通り過ぎる横目で、ちらっと見えたグリーンに魅(ひ)かれて足を止める。



お店の人と話しながら、あれこれと出してもらって、育て方や注意点を聞く。
取り合わせて並べてみて、とっても気に入った小さい鉢を4つばかり求めた。



20171027テーブルヤシ.jpg

左奥はアラビアコーヒー。

「よく育ちますよ。」
彼の家にもこのくらいのサイズから育てたアラビアコーヒーがあって、もう50センチくらいに成長しているという。

「おたくのはもう、花が咲いた?」
「いや、まだですよ」
「白い花はいい匂いがするのよね~」

4メートルくらいにはなるらしいから、あんまり大きくなっても困るかも・・・。でも、お花咲かせたい。白いコーヒーの花は、ジャスミンのような匂いの中に、ビターなグリーンが少しだけある。

昨日の会話を思い出しながら古い染付けの火鉢を鉢カバーの代わりにして寄せ植えにする。
右はテーブルヤシ。あまり大きくならないそう。姿に変化があっていい。



20171027シュガーバイン2.jpg

シュガーバインの5枚葉が連なって、やわらかく枝垂れるラインがすてき。

増やさないように気をつけているのにもかかわらず、もらいっ子したり買ってきたり。現在、アトリエには10鉢もある。

水やりの頻度がバラバラなので、けっこう面倒を見るのが大変だ。それでも、そばに生き物がいるってことが嬉しいなって思う。




特別、役に立つと言うわけでもなく、実用でもない。なくてもいいものなのに愛される。だからいい。そこが大切。













TEL 03-5797-7241 

 最寄駅からの順路➤地下鉄南北線 「六本木一丁目」駅 西改札より徒歩3分

     または➤地下鉄日比谷線大江戸線 「六本木」駅 3番出口より徒歩7分


     ※矢印の順路は、坂がなく歩きやすいルートです。↓
パルファンサトリ地図map小.jpg
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.