パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

金木犀 銀木犀 キンギンモクセイ osmanthus sonnet

20160930ギンモクセイ.jpg

キン・ギンモクセイ、一緒に見れるなんておめでたいね。

「暦の上では秋」と言われても、暑い毎日が続いていると、秋がいつ来たのか忘れているもの。

毎年この時期になると、通学、通勤途中にかすかに匂ってくる金木犀の香りに、はっとして木を探すと、視界のどこかにオレンジの花をつけたこの樹が見つかるものだ。


そうしてようやく、本格的な秋が来たのだと思う。

20160930ギンモクセイ2.jpg

少し前から日が短くなったのは感じていたけれど、金木犀の咲くころから、一気に日暮れが早くなる。

徐々に淡く暮れていくような夏の夕方とは違い、あっという間に暗くなるのはまさに「秋の日はつるべ落とし」

アトリエの窓から外を覗いて、思わず『早く家に帰りたいなあ・・・』と里心がつくのも、秋の興(おもしろ)みである。

上の2枚は銀木犀の写真。
ごく淡い黄色で、香りはややさっぱりとしている。

20160930キンモクセイ.jpg

金木犀キンモクセイ)は、銀木犀(ギンモクセイ)よりやや遅れて咲く。
銀木犀より、フルーティ感が強く、重く感じる。


家の近くの金木犀が咲いていたので、新宿御苑に行ってみたのは数日前の朝。

御苑では、銀木犀が満開、そして金木犀が咲き始めたところだったので、もう今日あたりは地面に花がたくさん落ちているだろう。



20160930キンモクセイ2.jpg

季節が巡り、花に会うたびに、一年がたったことを思う。

学んでいる。
私は一年でたくさんを学んだ。

去年、一昨年の私が知らなかったことを、今は知っている。

きっと冬に水仙に会えば、その前の冬のことを、
春に朴(ほお)の花の香りに浸れば、その時期の過去の私を、

思い出して、一年に数ミリでも成長していることを知る。


毎年毎年、花は裏切らずに咲いている。

同じ木、同じ場所でなくても、その時期にはきっとどこかで花が開いている。



それが植物の素敵さだと思う。










キンモクセイの香水 オードパルファン「SONNET(ソネット)」


トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージエッセンスのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに。金木犀の天然香料も深みを与えました。



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.