パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

今満開、ギンモクセイ 銀木犀 Osmanthus fragrans

20150915ギンモクセイ2.jpg

ギンモクセイの花が満開。
はじめに数輪が咲いているのを発見したのが9月3日だから、もう10日以上。
満開までいがいに長くかかったのは、お天気が悪かったからだろうか。

20150915ギンモクセイ4.jpg

うっすらとしたクリーム色の花が、朝の日差しに爽やかに見える。
花に近づき過ぎると、かえってにおいは薄く、少し離れると芳香に包まれる感じ。

きっと、1輪の力だけでなく、全体のハーモニー。
独唱(ソロ)ではなくて、合唱なんだね。


20150915ギンモクセイ3.jpg

中央にちいさな蘂が2本、アンテナのように生えていて、つるりと肉厚の4枚の花びらが本当に愛らしくて、じいっと見てしまう。

同じような写真だけれども、どの顔もみんな可愛い。
だから、この一枚を選ぶことができなかった。

写真を撮ったり、香りを見たり、すぐそばのベンチに座って眺めたり。
ギンモクセイの木の周りを、いつまでもぐるぐると回っていた、今朝の新宿御苑


20150915ギンモクセイ.jpg

ギンケイ、銀桂とも言う。


楽しいな。


キンモクセイの香り☆オードパルファン「SONNET(ソネット)」

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.