パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

半襟をつける neckpiece on a kimono

20160115遠州流点初式.jpg

今日は、遠州流宗家の点初式。

着物は白に「やり梅」の刺繍に、金のつづれ帯を合わせてみた。
これは40年前の母の着物を、20年前に私のサイズに仕立て直した中でも特に気にいっている。

20160115半襟.jpg

近頃では着物を着る機会がめっきり減って、年のせいか、段取りを忘れてしまう。

なので、お着替えの準備は早くしておかなければならない。

ならないのだが、やはり日々忙しくて、先延ばしにしてしまうものである。
なにしろ、洋服と違って小物が多い。

なんといっても一番の苦手なのが、半襟を長じゅばんに縫いつけること。
毎日付け替えをやっていれば要領もよく、すぐできるのだろうが、たまのことだと億劫である。

慌てるほど、すっきりいかなかったり、縫う順番も間違えたりして、3度も縫い直したこともある。



半襟は長じゅばんの一部。
考えたこともなかったが、下着の一部をあえて見せる民族衣装というのは、世界でも珍しいそうだ。

襟がパリッとしているとカッコイイのは、カッターシャツと同じ。
上手につけるためには、やはりたくさん縫って慣れることだと反省。

着物を着るお茶席は好きだけれど、茶道を生業(なりわい)にしたことがないので、やっぱり甘さがでるなあ。


上にちょっと写っているのは、唐子のピンクッション。
これも昔から裁縫箱にはいっている。
















さらりと甘い☆
ワサンボンの香水

キラキラとした微細な輝きに覆われて、口にふくむと淡雪のようにふわりととろける...
そんな極上の砂糖菓子をイメージしました。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.