パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

昭和初期の花嫁衣装 showa

130328両親.jpg

昨日からの続きだが、そんなわけで昭和24年、両親は結婚したのである。

髪の結い方こそ今と同じ高島田であるが、昭和20年代までの花嫁衣装は、白無垢ではなく黒の引き振袖であった。

着物の裾(すそ)と袖(そで)の下の方に中心に柄が描かれている。

結婚後、この長い袖を短くする(袖を留める)と留袖(とめそで)になり、既婚女性の第一礼装としてそのまま着ることができる。

戦後の物資のない時代から復興につれて徐々に着物も派手になり、肩のあたりまで柄が及ぶようになった。

本来、留袖の柄は裾のみなので、母の花嫁衣装がその後も留袖として使われたかはわかならい。

 

母は小柄で丸顔の可愛い感じの人だが、父は背が高く白皙の美青年だった。

 

つづく・・・かもしれない。

 

 

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

 

 

「国境なき日本の香り」を提案するパルファンサトリの香水

 ブラックラベル「SATORI」

 

▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

☆通信講座 7月夏季香水ソムリエ 申込受付中  締め切り6月15日

➤スクール案内をお送りしています!

よくあるご質問

http://parfum-satori.com/res/images/school/pdf/qa.pdf

ブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.