パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

朴(ホオ)の木の花 Magnolia obovata thunb

朴の木.jpg

大きな朴の木(ホオノキ)の花。
花の王様である。

毎年ゴールデンウィークあたりに決まって満開になる。


1~2輪咲いているだけで、甘くフルーティな香りが漂ってくる。
満開の時期には、20センチもある巨大な花が、一つの樹に100輪は咲くのではないか。
圧倒的なボリュームのある花と香り。


キンモクセイジンチョウゲの香りに比べて「ホオノキ」の花の香りが知られていないのは、やはり植栽数が少ないのだろうと思う。

なんといっても樹高が大きくなる。
10メートル以上...3階建ての家の屋根くらい?にはなるんじゃないかな。


一般家庭の庭に植えるのは難しい。
木陰が家を覆ってしまうし、その巨大な落ち葉の掃除も大変だ。

だから、公園とか学校の校庭くらいでしか見れない。



朴の木2.jpg


私にとって、どの花もみんな蕊(しべ)が美しく、魅惑されてしまうのであるが、

とりわけ、朴の木の花の蕊は、それ自体が何かの意思を持っているように感じられる。
じいっと見つめていると、神秘の渦に巻き込まれていくような、心の昂(たか)ぶりがある。



朴の木3.jpg

朴の木の葉も素晴らしく大きくて、これは30センチはあるだろう。

まだやわらかな葉はシルクの手触りがする。

昔から、味噌を包んで焼いたり、皿として使ったりする。


2015年4月29日 の記事 香りの花 ホオノキ(ホオノキ)magnolia obovata

►2014年4月30日 の記事 
ホオノキ(朴ノ木)の花 magnolia obovata

►2012年5月8日 の記事 朴ノ木(ホオノキ)の一年

►2012年5月5日 の記事 マグノリア magnolia香料

►2012年5月4日 の記事 ホオノキ(朴の木) マグノリア属



►2011年5月4日 の記事 今、咲いていますホオノキの花


☆パルファンサトリ オードパルファン イリスオム
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.