パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ヒヨドリ,Hypsipetes amaurotis,鵯,

141221ヒヨドリ4.jpg

ヒーヨ、ヒーヨと鳴く鳥、ヒヨドリ

冬になると鳥の姿に関心が行くのは、花が少なくなり、木も葉を落とすため見つけやすいのかと思う。

ヒヨドリは秋深くなると、北から南へ、山から里へやってくると云うが、渡りをしないでそのまま居続けるものも多いらしい。

141221ヒヨドリ2.jpg

夏は虫も食べるが、冬に果実をよく食べる。
サザンカの蜜を吸ったりするそうだ。

しかし同じ名前を持つ植物、「ヒヨドリジョウゴ」の赤い実は不味いのか食べない。

141221ヒヨドリ3.jpg

ヒヨドリの巣は木の上に作られるのだと思っていたけれど。
ほらの中を覗いている。

デートのお誘いだったりして♡

141221ヒヨドリ.jpg

いつの間にか2羽になっているけれど、仲がよさそうにも見えず。
そっぽを向いたまま。

さしずめ、「ちぇ、むくれやがって、返事もしない。。。」とでも思っているのだろうか。








リシェス(RICHESSE) NO.10 WINTER 12月28日発売の327ページに、パルファンサトリの新作、オードパルファン「紺白(コンシロ)」紹介記事が掲載されています!

「Richesse Times」Japonismeの欄です。





konshiro tate.jpg


朝、最高級のコットンシャツに袖を通す。清々しい高揚感をまとい、呼吸を整えるひととき。

夜、バスタイムのあとに、さっぱりとした気分で清潔なリネンに包まれて眠るやすらぎ。

シンプルで上質な日本の暮らしになじんできた色の組み合わせ、「紺と白」をイメージモチーフとしました。フルーティとアルデハイドの意外な組み合わせが、これまでにない斬新な印象を残します。

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着け頂けます。

 

パルファンサトリでは、コン シロ(Kon shiro)」の0.5mlサンプルをお送りさせて戴いております。ご希望のお客様は、「コンシロ(Kon shiro)」サンプル送付のお申込みページから→ こちら 

正しく配送するためにお電話番号の記入もよろしくお願いします。 

► 紺白-Kon Shiro-の香調などの詳しい説明は→こちら

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.