パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

あじさい、紫陽花、Hydrangea macrophylla

150526アジサイ3.jpg

今年もまたアジサイの季節がやってきた。
もうすぐ、梅雨。

学名のハイドランジア、というのは「水の容器」と言う意味なのだそうだ。


通常、花が開いていく過程では、たくさんの水を必要とする。
茎の太さに対して、花の数が多いと水が足りなくなる。
花びらのすみずみまで水分が行き渡らないと、充分に開くことができない。


たっぷりの雨が地面を潤す、6月。
アジサイが梅雨時に咲くのは、そういうことなのかなあ・・・。」
と思いながら眺めている。



アジサイは切花にすると見栄えがするが、水揚げが難しい。

固い茎を花バサミで切ると、その中心に発泡スチロールにも似た、白いキビガラ状のものがつまっている。
これを少し取り除いてから水切りすると、うまく水を吸い上げる。



花がすっかり開いてしまえば、こんどは簡単にドライフラワーになる。
朽ちていくファジーな青色は、とてもきれいだと思う。

夏の間は生花を涼やかに楽しんで、ドライフラワーにした花を秋から冬に飾ると、暖かみがあっていい。


150526アジサイ1.jpg

上の写真はお花屋さんでも見かける、緑色の小さなアジサイ

これは、これから花がおおきくなっていくにつれ、青くなるのだろうか?
それとも、こういう品種で小さいままなのかな?

150526アジサイ2.jpg

アジサイの花びらは、花ではなく「」なのだという。
ガクアジサイを見ると、中央の部分に小さい花が集まっている。
ガクが変化して、中心まですっかり花びらの様になったのが、まり咲きのアジサイ




150526アジサイ.jpg

3枚の花びらが珍しいガクアジサイ

あとでわかったのだが、これはヤマアジサイの紅風車と言うらしい。





Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.