パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

あじさい 紫陽花 Hydrangea

120614あじさい.jpg

 

梅雨に入って、アジサイの美しい季節になった。

 

植物学の父、牧野先生によると「紫陽花」という字は間違いだそうだ。

でも、当て字としてはなかなか素敵だと思うのだが

120614あじさい2.jpg

アジサイはいまや一年中花屋で見られるようになり、色も少しニュアンスのあるセピアの入ったグリーンやブラウニッシュパープルなど、

中心の部分がはじけて、しべがぴょこぴょこ出ているガクアジサイ

 

120614あじさい3.jpg

学名のハイドランジア(Hydrangea)は水の容器という意味。
英名にもなっている。

雨をいっぱいに受けて、一段と鮮やかに咲くアジサイの花。

 

120614あじさい4.jpg

スタイリッシュな萼アジサイ
淡いピンクが縁にさして花火のような変わり咲き。

いえいえ、雪の結晶にも見えてくる。

何か変だと思ったら、花びらが三枚である。

 


▶ オードパルファン・ブラックラベル シルクイリス 

▶ みずみずしいグリーンが、澄んだ空気を深呼吸したような気分。
            オードパルファン 睡蓮(すいれん)   ▼Him 

▶ オフィシャルサイト  パルファンサトリ・スクール

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.