パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ホトトギスとスズメガ  Macroglossum stellatarum

20151014スズメガ.jpg

ホトトギスという花と、スズメガという虫。

どちらも鳥ではないけど、鳥の名前のついた植物と昆虫のとりあわせ。

虫が苦手のひとにはダメかもしれないけど、
よくみれば目が愛くるしくて可愛いし、働き者ぽい忙しさは、私としては好感度は大。

この蛾は、飛んでいると本当にスズメみたいに見える。

激しく羽ばたいてホバリングし、蜜を集めているところはハチドリにも似てるなあ。

20151014スズメガ2.jpg

これはホシホウジャクという種類らしい。

同じ仲間で、翅が透明で、もっと胴体がカラフルなオオスカシバというのもよくみる。
エビでも蜂でもないけれど、子供の頃はエビバチと呼んでいた。

彼らは羽化したばかりは翅に燐粉がついているが、次第に落ちて透明になるとも本に書いてあるので、このホウジャクもいずれ透明になるのかも・・・?


本当のところ、とまっているときと、飛んでいるときの印象がとても違うので、
ここで解説した種類が正確なのかどうかはわからないのでゴメンナサイ。






➤バラとスミレとアヤメとミモザの香水 ニュアージュローズ(バラ色の雲)

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.