パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

アトリエで、お花の水切り

水切り,フラワーアレンジ,華道,

アトリエで、お花の水切り

 

今日は久しぶりにお花屋さんまで足を伸ばし、アトリエのお花を買って活け替えました。和花や枝物が欲しかったのですが、時節柄か、お花屋さんで並んでいた種類はちょっと少な目。

 

迷いましたが、まずは心を明るくしてくれそうな黄色の小ぶりなヒマワリ。もうすぐ夏なんだな~という季節の先取り感で選びます。

すっきりとした白のカラーにギボシ(擬宝珠)の大きな葉を合わせ、長持ちする木苺の葉を足しました。

 

気温が上がると花の持ちが短くなりますので、手入れも念入りに。

 

水切り,フラワーアレンジ,華道,

まず、水が足りなくならないよう余分な葉などは落とし、茎は水切りをします。

こうして茎は水の中で切ると、切り口に空気が入らず水揚げが良くなります。

 

茎の中の導管(水を吸い上げる道)が詰まってしまうと、先の方まで水が行きわたらずぐったりしてしまいます。

また、夏はお水が腐らないように水替えも頻繁にしてあげます。

 

このお花を大切にするという気持ちとか、ちょっとしたひと手間かける時間が、つまりは自分を大切にしている気分になるのです。

 

ひまわり,ヒマワリ,オルガン,

気難しい花の種類でなければ、ミョウバンをつけたり茎を焼いたりしなくても大丈夫。

花屋さんでもちゃんと水揚げをしてくれますので、このひと手間で十分長持ちします。

 

一番最初は花瓶の高さに対して、ちょっと背が高いかな?と思うくらいで活けておきます。

こうして切っていくと、徐々に茎が短くなりますのでバランスもあってきます。

花瓶も丈に合わせて取り変えながら、最後までいけ切ると達成感がありますね。

 

またお花と一緒にお客様をアトリエで迎えられる日を、心待ちにしている毎日です。

 

 

<花材> 

擬宝珠(ギボシ

カラー

ヒマワリ

 

 

 

コケシミズパルファンサトリ香水のご紹介  

parfum-satori.com

 

サトリ 

parfum-satori.com

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.