パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

さくら、待つ cherryblossom

20170318桜つぼみ.jpg



新宿御苑には桜の木が約65種1100本あるそうだ。
多いのはやっぱりソメイヨシノ。広い芝生の庭をソメイヨシノが取り囲んでいる。

春はむしろ曇りの日の方が暖かい。しっとりと水気を含んだ大気の向こうに、つい先ごろまで細い枝先を黒々と震わせていた桜の木が、なんだか白くもやっとして見える。

そうか、蕾がふくらんでいるのだ。

ひとつづつはちいさくても、たくさんの蕾で覆われて、樹は一回り膨張したようだ。


夜明け前、咲く直前、前夜祭。きっとそんなときが一番楽しい。ひとたび始まってしまえば、幸せを噛みしめる暇なんかないだろうから。








****************************************

sakura edp.jpg

➤さくら


明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化します。やさしくもきりっと美しい日本の「さくら」。匂い袋のような和の花の香りです。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.