パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ヨモギ(蓬) Artemisia indica

20170320ヨモギ.jpg

これは、1月20日ヨモギ(蓬)。
ちょうど、福寿草が咲き始めるころ、地面にぴったりと這うように生えていた。


20170120ヨモギ.jpg

で、3月15日に同じ場所に成長度合いを見に行ったら、たいして大きくなっていない。
生えるたび採られて、草餅にでもされちゃったのかな?


20170321草餅.jpg

草餅を食べると、ほんのりミンティな味がする。




そういえば、ヨモギ(Artemisia indica)に近い香料で、アルモアズ(Artemisia herbaalba)があるが、これもビターなグリーンの中に、ミントでないミンティな香りがある。香水の処方中にしばしば使われる。


ワームウッド(ニガヨモギアブサン、Artemisia absinthium)の香料も同じ系統だが、アルモアズが女性的なら、こちらは男性的。より骨太でパワーがある。


高校生の時に読んでいた中に、「あぶさん」という野球漫画があった。プロ野球ファンではなかったので記憶があいまいではあるが、長いバットを持つ伝説的なバッターが飲んでいたのがこのニガヨモギを漬けた「アブサン酒」だったと思う。ニックネームだったのかも。アルコール度数が高く強い。



ヨモギ類は薬草として使用された。ヨモギ属についた学名の「アルテミシア」は、月の女神(ダイアナ、ディアーナともいう)を指す。
女性の月のものを司ったり、狩猟と潔癖の処女神とも、死をもたらすとも言われている。



最近ではヨモギの花粉症が問題になっているそうだが、昔から春のうちに草餅を食べたり、お浸しを食べていたのは、減感作療法の一種だったのでは?とか思う。(ただの推測)


菊の花のお浸しなども馴染みの料理だが、海外の人にとっては毒になると聞いた。日本人は小さい頃から少しづつ食べることで、耐性があるのかもしれない。






抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.