パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

赤いネム(合歓)、白いネム、オオベニゴウカン/Calliandra

121212アカバナゴウカン1.jpg

オオベニゴウカン

赤く、ふさふさの大きな大きな南国のネム、合歓の花。

 

 

121212アカバナゴウカン.jpg

シロバナオオベニゴウカン。
ふさふさの刷毛のようなかたち。

白い花なのに、紅合歓(ベニゴウカン)の仲間。

日本のピンクの合歓は、フルーティでパウダリーないい匂い。
でも、この南国のベニゴウカンはあまり匂いがないみたい。

花びらの先についた水滴の匂いがするだけ・・・。

 

新宿御苑の温室、紅白のオオベニゴウカン。

 

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

オードパルファン 合歓(ねむ)やわらかいシルク毛布に包まれるような幸せ感のある香り。

フランス、ヴェルサイユ宮殿離宮、プチトリアノンは情趣あふれる田園風景を愛した王妃マリー・アントワネットがもっとも幸せに時を過ごした場所といわれています。

極めて優雅な時代に、真実の美を追求した人へのあこがれを、この香りにこめました。やわらかな花々の間に、凛とした横顔が感じられます。

☆ 香調などの詳しいお知らせはこちら➤プチトリアノンのページ   ➤お買いものページ

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.