パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ツルボ,蔓穂,Barnardia japonica

20160831つるぼ.jpg

ツルボ(蔓穂)が咲くのを待っていた。
夏は暑いうえに花が少ない時期で、新宿御苑から自然と足が遠のいてしまう。

夏休みの終わり、ようやく秋の気配が訪れたころ、その花が咲き始める。

妖精に会いにいく。


20160831つるぼ3.jpg


細い茎の上に花穂が立って、つぼみの頃はつくしのような、ラベンダーのような形。

それが下の方から、順に開いてくると、
なんかこう、赤ちゃんが手を広げたような、パチパチっとした小さな花が、ひと房にたくさんついて、それが可愛い。


20160831つるぼ5.jpg

ツルボは、花の咲き始めはヒヤシンスのような青臭いグリーンハニーの香りだけど、
日がたつと粉っぽい香りになる。

香水にトップミドルラストで「におい立ち」の変化があるように?
花の香りが咲き始めから散りぎわまで一様だなんてのは、思い込みなだけ。



20160831つるぼ2.jpg


人でも花でもその一面を、大きなキャラクターだけ切り取ったところで、その人のすべてを表すわけじゃない。

1回かぎり、見知っただけではただのゆきずり。
馴染みになるってことが、知るためには大切なことなんだけど。



20160831つるぼ4.jpg

ツルボの群生地の、周りの芝生は今ちょうど刈り終わったばかり。
ヒザをついて、青々とした草の香りの中で、小さな花の写真を撮る。

充分撮ったところで満足して立ち上がると、刈った草の液で白いパンツのひざから下が緑に染まっている。


久しぶりの御苑散歩、お転婆(てんば)をしたような、ものすごく愉快な気分。
心の中で、ひとりクスクス笑っている。






キンモクセイの香水 オードパルファン「SONNET(ソネット)」


トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージエッセンスのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに。金木犀の天然香料も深みを与えました。



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.