パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

栃の実 Aesculus turbinata

20160905とちの実.jpg


栃の花は春に咲く。
そして実は秋に。

地面に落ちていると、大きいのでとても目立つ。
中には殻が割れて、つやつやした実がのぞいているものもある。

20160905とちの実1.jpg

心楽しく、思わず拾ってしまうが、これはトチノミの魔力?魅力だそうである。
栃の実を見ると、拾いたくなる人は多いらしい。

直径5センチはあるかなあ。


110503トチノキ花.jpg

5月の花はマロニエに似て、9月の実はクリに似ている。

クリとちょっと違うのは、お尻の白っぽいところがハートのようにくびれて、猿面のよう。
クリのようなイガはなく、つるっとした球状の殻の中に、一粒、まるっこい実が入っている。

エグミがあり、食用にするにはあく抜きなどの処理に2週間以上かかるとか。


20160905とち.jpg


春、柔らかいシルクの手触りの葉は今は枯れはじめて、もうすぐ落葉するのだろう。

9月はまだ暑いけれど、もう秋。
そして早くも冬の支度が始まっている。






キンモクセイの香水 オードパルファン「SONNET(ソネット)」


トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージエッセンスのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに。金木犀の天然香料も深みを与えました。




Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.