パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

プラトン装飾美術館/神戸③Platon decorative arts museum

120519神戸異人館テラス.jpg

この日の神戸は本当に気持ちのよい抜けるような青空。

そのせいか、プラトン装飾美術館の2階はとても暑くて、見学しているうちにのどが乾いてしまった。
一通り邸内を見た後で、庭に面したテラスでL子ちゃんとお茶を飲むことにした。

 

120518神戸異人館アイスカフェオレ.jpg

熱いエスプレッソを、目の前で氷に注いでくれる。
氷の半分は薄まらないようにちゃんとコーヒーで作ってある。

たっぷりの牛乳で、できたての香り高いアイスカフェオレ。

 

120518神戸異人館デザート.jpg

私はオレンジ、L子ちゃんはチョコ レートのケーキ。
手作りのマンゴーシャーベットと一緒にかなりのボリュームなので食べらきれるか心配だったけど、コクがあるのにあっさりして、気がついたら平らげていた。

 

120517神戸異人館東屋.jpg

爽やかな風の抜けるテラスは最高に気持ちがいい。

庭に下りて、プールサイドにある東屋(あずまや)もロマンチックな雰囲気。
ここでお食事しても楽しいかも。

元気が出たところで、もう一回邸内を歩いてみることにした。

 

120517神戸異人館ロールス.jpg

あんまり自分の写真は載せないのだけど・・・。
これは私のロールスではなくて、ここの異人館の車。
案内のおじいさん(執事という設定らしい)が「是非ここで写真を撮りなさい」と言ってくださったので。

この夏の帽子は以前ブログでも紹介したデザイナー「Sugri」さんが作られたもの。
上品な色のリボンがとても気に入っている。

 


プラトン装飾美術館(イタリア館)/神戸Platon decorative arts museum

 

 



「 日本の四季は細やかに移ろい、独特の情緒をはぐくみました。

私たちは、季節とともに訪れる繊細な花や緑の香りを慈しみ、雨や雪の匂いまで文化に反映させてきたのです。

そんな美しい日本の情景を香りに織り込んだ、パルファン サトリのコレクションは、そこはかとなく漂う優しいトーンが魅力です。

 

☆パルファンサトリ Nuage Rose(ニュアージュローズ=バラ色の雲)☆

5月、朝起きて一番に私がつける香り。

 

090929朝焼け3.jpg

南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。

ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.