パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ピーチ 白桃 peach γ-undecalactone

120728ピーチ 白桃2.jpg

 

これだけ食べ物のことについて書いているのに、ピーチを書いたことがないのに気がついた。
夏の岡山の巨大な白桃、おいしい~。

白桃はフレッシュなものと言う印象もあり、みずみずしく爽やかな味と香りが、口の中で溶けていくような感覚だ。 

比べて、私の記憶の黄桃は桃の缶詰の、あのねっとり甘いグニグニした食べ物である。
生の黄桃(おうとう)もあるらしいし、白桃の缶詰も食べたこともあるにはあるが。

最近のマンゴーは臭くないから、黄桃と似てきていると思う。

ピーチやアップルの香りは嗜好性がよく、シャンプーなどの生活雑貨品によく用いられる。
香水にももちろんしばしば使われる。
ジャスミン系とよく合う。

香りのキーはγウンデカラクトン。ヴェルドックス、ヴェルートンも桃らしい。
エステルやグリーンでみずみずしさや爽やかさを出す。
PTBCHAは桃の種のウッディな香り。

こうしたブロックを組み立ててピーチの香りを作る。

 

120728ピーチ 白桃1.jpg

冷蔵庫に長く入れると表面が萎れ、桃の皮がむきにくくなる。
熟れてくるとナイフを使わなくても、手でもするすると向けるのだが・・・。

桃の表面には毛が生えていて、素手で皮をむくと手にこの小さな毛がついて、これで顔をさわったりするとあとでかぶれたりするので、自分では剥きたくない。

「スモモモモモモモモノウチ」

小さい頃遊んだ早口言葉を思い出しながら、ややぬるめの桃をフォークで一切れ挿し、カマンベールチーズとかを一緒に食べ、本当はここにつめたいスパークリングワインがあれば最高なんだけど!

 

➤思い出が韻を踏んで 繰返し訪れるソネットのように 

  懐かしいキンモクセイの花の香り オードパルファン ソネット

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.