パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

吉岡耕二 個展 MIDNIGHT JAZZ Koji Yoshioka

101212吉岡.jpg 

吉岡耕二さんの個展、「MIDNIGHT JAZZ KOJI YOSHIOKA」が、銀座桜の木ギャラリーで開催され、そのオープニングパーティーに行ってきた。

 

吉岡さんの絵は鮮やかな色合いなんだけど、深みがあってとっても素敵。

部屋ごとに異なる色合いの絵をかけてみたくなる。

 

この日のオープニングパーティーは、ジャズボーカリストTiffanyさんと、
ピアニストHiro Morozumiのライブ。

おなじみのジャズナンバーで聴きやすい。
くりくりっとした可愛らしいティファニーさんの、声量たっぷりの歌声を堪能。

銀座でジャズライブを聞きながら、絵を鑑賞・・・。
展示会のオープニングはあちこち行くけれど、吉岡さんのはいつも洗練されている。

絵から音楽を聞き、音楽から絵を感じ取る、そんなアートな夕べだった。 

 

101212吉岡ジャズ.jpg

後ろの絵は、自由の女神

明るいきれいなブルー。

 

 

101212吉岡ジャズ2.jpg

 

今回は初めて、デッサンも出展されていた。
パリ、モンサンミシェルやニューヨーク、エンパイヤステートビルなど、ちょっと1枚欲しくなる魅力のある小品。

 

オープニングは毎回お客さんがいっぱいで、前回は人があふれて入りきらなかったので、今回は招待状をだいぶ減らしたそうだ。

 

何しろ、まだ初日だと言うのに、どんどん決まって、売約済みのシールが見ている前で貼られていく。

すぐ、次の絵がかけなおされ、さっきいいなと思った絵が下げられている。

 

いまどき銀座の画廊で、これだけ売れる画家さんも他にいないだろう。

  

101212吉岡ジャズ3.jpg

 

額装もとってもすてき。
日本には、なかなかいい額縁がないのだけれど、先生が依頼されているところはいつもセンスがいい。

なんでもそうだけど、容れ物や衣装って中身を引き立てたり、台無しにしたりするから。

 

ワインやおつまみ、可愛いデザートも楽しんで、クリスマス前のとってもおしゃれなひとときを過ごさせていただいた。

 

 

▶ 吉岡耕二展  12月11日~25日 午前11時から午後7時 日祝日休業 

    銀座 桜の木ギャラリー 中央区銀座5-3-12壱番館ビルディング3階

 

 

▶  関連記事 「吉岡耕二 色彩の旅」 東急BUNKAMURAギャラリー   2009/11/28 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.