パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

紅葉 もみじ MOMIJI Rakugan

141127落雁.jpg

引出物(ひきでもの)の落雁(らくがん)、もみじの形。
母が小さな集まりでいただいてきたものなのだが、包み紙など捨ててしまったのでお店がどこかわからない。

細長い箱の中をあけると、大小さまざまな紅葉の落雁の間に、金平糖がすきまなく敷き詰められているのがきれい。
色合いといい、ところどころの金のこんぺいとうが、まるで川の流れにきらきら反射する光のようだ。

141127落雁2.jpg

箱の上には英文の説明が書いてある。
「The mountains and forests in the transience of nature, the Japanese news from dyed red and yellow autumn we are thinking forward.This sweets is a tradisional Japanese sugar, The name of the sugar is Wasanbon. Please enjoy the sweet soft fine-graind.」

お菓子と箱の形、とりわけラベルの「紅葉」という漢字がいい。


日本の四季と情緒を伝える素敵なお菓子だと感心。



The four seasons of Japan delicately shifts from one season to another, each having its own unique atmosphere and emotion. Japanese people have a deep affection towards the various flowers and greenery appearing at each season, even the scent of rain and snow are reflected in the culture. Such beautiful Japanese sceneries were preciously bottled in Parfum Satori's fragrances.


日本の四季は細やかに移ろい、独特の情緒をはぐくみました。
私たちは、季節とともに訪れる繊細な花や緑の香りを慈しみ、雨や雪の匂いまで文化に反映させてきたのです。
そんな美しい日本の情景を香りに織り込んだ、パルファン サトリのコレクションは、そこはかとなく漂う優しいトーンが魅力です。

 ➤パルファンサトリコレクションミニ

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.