パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

点初め(たてぞめ) enshu-ryu 2013

130115六本木一丁目2.jpg

道には昨日の雪がまだ残っている。
ぞうりでは心もとないと思い、下駄をはいていくことにした。

家を出るとよく晴れて、思ったよりは暖かい。

先に見えるのは桜のようだ。冬に咲く、十月桜かと思う。

15日、遠州流のたて初め(初釜)に伺わせていただいた。

一昨年は先代のお家元が身罷 われ、昨年はしっとりとしめやかだったが、今年は明けて少し華やぎのある明るいお式であった。

お道具は毎年違う趣向でそろえられ、眼福である。

お家元初削りのお茶尺は、今年の勅題「立」にちなんで、春の光に湯気が立ちのぼる様子を詠まれた歌が添えられ、また、古瀬戸の大肩衝「春霞」という銘の茶入れも、柔らかく堂々としている。

前日の雪が残る寒さの中、春の陽を想い気持ちがほっこりとする。

130115不傳庵.jpg

すっかり日が暮れてしまった。

前日の残雪、風情のある不傳庵入口。

 

「和のもの」についての記事

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.