パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

初釜 裏千家 "the first tea ceremony of the New Year"

130116今日庵.jpg

16日は茶道裏千家の2013年の初釜式にお招きしていただいた。

 

月曜日の雪も風情のあるお庭を背景に、あつかましく伊住さまに写真を撮っていただいた。

 

お家元初削りのお茶尺は巳年にちなんで「おろち」という銘。

蛇は弁天様の使いということで、こちらのお初釜も、遠州流のたて初め式でも、弁天様のゆかりのお道具をいくつかお使いになっていらした。

また、お道具の中にあった「つりがね」も道成寺つながりである。

 

090409道成寺.jpg

道成寺は「安珍清姫」伝説の舞台になった和歌山のお寺である。
美僧の安珍を恋い慕って追いかけ、清姫はついに蛇になってしまうという物語で、能や歌舞伎で演じられる。


この写真はたまたま家にあった日本舞踊の扇で、ゆかりの桜と「鱗(うろこ)模様」をあしらってある。

鱗模様とは、三角形を上下左右に連続して配置した模様。

 

蛇のモチーフをグロテスクにならないように使うのは難しい。
毎年、干支でお皿を焼くのを恒例としている知人も、蛇ずばりの柄は避けて、この「鱗文様」をあしらうと話していた。

古くからある柄だが、幾何学的でモダンなデザインだと思う。

 

➤関連記事 裏千家2012年初釜式 

➤関連記事 裏千家2011年初釜式

 

 

➤2009/4/9 道成寺の記事

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

▶ さらさらとした衣擦れを余韻として、立ち去った後の静寂に、その面影を追う・・・そうした日本の美意識をこの香りにこめました。 茶壷香水さとり

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.