パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ロウバイ

蝋梅(ろうばい)Chimonanthus praecox

梅の香りよりももっと甘い、ロウバイ(蝋梅)の花の香り。真冬の寒いさなかにも、しっかりと花を咲かせている。花が一重で中心が赤い、これはロウバイ。蠟のようにつやのある半透明の花びらは、乾燥した冬の北風に負けない。梅はバラ科で、蝋梅はロウバイ科…

ロウバイ,Winter sweet

蝋(ろう)の花、蝋梅(ろうばい)。花の少ない時期に、明るい黄色が生命力を感じさせる。 蝋梅の様子が見たくて来た、1月の寒い朝。冬の荒涼とした景色の中を歩いていると、遠目に蝋梅の木が寒そうに枝を揺らしている。 枯れたように見える灰褐色の枝には、…

蝋梅(ろうばい)

今年もまた蝋梅の季節がやってきた。寒いなー。 乾燥してつめたい空気の中、はっきりとした甘い、ややフルーティで重めの香りが漂う。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.