パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

菜の花忌(なのはなき)伊藤静雄 春のいそぎ

20170312菜の花2.jpg


アスファルトの道路の脇にも、菜の花が咲いている。
もこもこと鮮やかな緑と黄色のコントラスト。


3月12日は、伊藤静雄の命日「菜の花忌」。

伊藤静雄中原中也らとともに同人誌で活動した詩人で、三島由紀夫にも影響を与えたという。
正直この人の名はあまり知らなかったのだが、菜の花を調べているうちに行き当たった。


「春のいそぎ」という詩集のタイトルに惹かれて読んでみた。
春という明るい響きに反して、戦争という時代の哀しさ、憤りを抒情的に記している。


こうした、耽美的な詩なり文章を書く作家は、早世する人が多いような気がする。
世の中を渡っていくには、感情の襞(ひだ)が柔らかすぎるのだろうか。
はたまた、健康すぎるものには、詩情がわかないものなのか?


あるひ、伊藤静雄を年少の友人、それも剣道二段の、かつ詩人志望の受験生が訪ねて来る。
彼は勉強中に、裏山の蝉の声に耐えられなくなると語る。

静雄は言う。
「蝉の声がやかましいようでは日本の詩人にはなれないよ」

といいつつも、その心情を理解するのである。


20170312菜の花.jpg


「なづな花さける道たどりつつ
家の戸の口にはられししるしを見れば
若者や勇ましくみ戦に出で立ちてここだくも命ちりける
手にふるるはな摘みゆきわがこころなほかり 」
伊藤静雄 春の急ぎ 「山村遊行」より一部抜粋








<パルファンサトリフレグランスクール>

スクールパンフレット・資料をお送りいたします。ご希望の方はお問い合わせページよりお申し込みください。スクール関連ブログ記事や、スクールページも合わせてご覧ください。

 ➤スクールトップ  http://parfum-satori.com/jp/school/

 ➤スクール関連ブログ記事  http://parfum-satori.com/blog/cat235/
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.