パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ウツボカズラ 食虫植物 Nepenthaceae

130629ラン.jpg

この4年間、毎日ブログを書き続けることを心掛けてきたが、この1週間まったくアップすることができず・・・。いつもご覧の皆様には申し訳ない・・・。

15日に捻挫をしてからというもの能率が半分に低下したため、仕事量が一気に2倍となった。
いつもは文字通りアトリエの中を走り回っているのだ。

しかし走り回っているからすごく仕事が早いかというと決してそうではなく、
ただ忘れ物を取りに行ったり来たりしていることが多く、
たいしてはかどっていないので、やってもやっても終わらない。

 

しかもフランス出張のため、通常の業務+留守中の手当と引継ぎ、+フランスでの仕事の準備で、3倍のボリュームの仕事は、半分の作業能力で賄わなければならず、アトリエは6倍の嵐が来ていたのであった。。。

この一週間はウツボグサの中にはまったように、ツボの中から出られなかったもので、 一人慌てている中、スタッフのみなさんはそれぞれのお仕事を予定通り進めてくださり、感謝・・・。

未明にしてようやくスーツケースの中におさまったところである。

 

フランスでは南仏で制作を行い、パリでプレゼンの1か月の予定である。

仕事の合間に「今回はグラースで香料植物園や、パリではいろいろな名園を回ってきたいなー」などと
のんびり構えていたのだが、どうしてもいく直前になるとあれもこれもと盛りだくさんになってしまう。

というわけで、明日から仏蘭西に行って参ります。

フランスのPCWの社長のリクエストもあり、与一を連れて・・・。
与一登場の南仏だよりをよろしく・・・

 

130629ラン3.jpg

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

☆通信講座 10月秋季香水ソムリエ 申込受付中  締め切り9月15日

➤スクール案内をお送りしています!

よくあるご質問

http://parfum-satori.com/res/images/school/pdf/qa.pdf

ブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.