パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

白いバラを買って Cannes

20160601cannes rose2.jpg

昨年まで滞在していたアパルトマンのお部屋は、カンヌの湾のほぼ反対側で、西に面していて日没が見えた。まさにニュアージュローズ、バラ色の雲の広がる景色。


今回は違うお部屋を借りてみた。
リビングが東に面しているので、朝陽が入る。

ちょうど丘のあたりから日が昇ってくる。



20160601cannes rose5.jpg

カンヌは時に嵐のような風が吹く。
強い風は特に西から吹いてくるので、こちら側は背中を向けているので安心。

窓からはほどよい風が気持ちいい。


20160601cannes rose8.jpg

市場では一番最初にバラを買ったから、持ち運ぶ途中で花びらが少しいたんじゃった
でも、香りがよくて品よくゴージャス。



20160601cannes rose9.jpg

どのバラにするか迷う~!
10本で8ユーロって、とってもお買い得。
というわけで、後先を考えずに買ってしまう。


20160601cannes rose3.jpg

白い部屋だから、どんな色のバラでも似合うと思ったけど、やっぱり白にしてよかった。

どこが一番いいかなって、いろいろな場所に置いてみた。



20160601cannes rose6.jpg

玄関のビュローの前とか。
お部屋には鏡がいくつもあるのでとってもたくさんのバラみたい。


20160601roses.jpg

鏡の中の鏡の中のバラ。



20160601cannes rose7.jpg

ベッドルームは建物の西側にある。
風が抜けて夕方は寒いくらい。


20160601cannes rose4.jpg


さとり「でもまあ、南仏はやはり、ローズとロゼの日々だねえ」

よいち「なんでやすね、あっしはやっぱり花より団子ですね!」



➤さくら
明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化します。やさしくもきりっと美しい日本の「さくら」。匂い袋のような和の花の香りです。

➤ニュアージュローズ
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.