パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

おだまき 苧環 Aquilegia

130421オダマキ2.jpg

おだまきの咲く季節になってきた。

紫の色といい、名前といい、和的な花だと思っていたがヨーロッパにも自生しているという。

 

130421オダマキ.jpg

糸を巻く苧環の形に似ているというのが花の名の語源である。

歌舞伎の演目、妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)の中 「道行恋苧環(おだまき)」 という場面がある。

主人公のお三輪は、夜毎、家を訪ねてくる恋人の素性を知るため、糸の端を男の袖に縫いつけて、帰っていく道の伸びる糸をたどって追っていくシーンである。

これは、おだまきが「縁結び」の象徴として使われているのだそうだ。

昔の家の庭、下草にこのオダマキの白い花が咲いていた。
後ろに伸びた距が面白い形である。」

 

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

➤オードパルファン 紫の上

日本の代表的な古典文学である源氏物語のヒロイン「紫の上」をイメージしました。美しさと才能にあふれていながら、奥ゆかしく優しい日本女性にふさわしい香り。

☆通信講座 7月夏季香水ソムリエ 申込受付中  締め切り6月15日

➤スクール案内をお送りしています!

よくあるご質問

http://parfum-satori.com/res/images/school/pdf/qa.pdf

ブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/


Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.