パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

Suiren(スイレン)の香りができるまで①ジベルニー

ジベルニー,池,睡蓮,モネ

Suiren(スイレン)の香りができるまで①

 

水面に揺蕩う、露を含んだ睡蓮の花、きらめく陽の光と木影の反射、風とさざなみ…、刻々と変化する表情を眺める、うっとりとしたまどろみの時間。

 

「睡蓮」の香水は、ジベルニーのモネの池 が始まりです。

 

 

 

若いころ、「モネの庭」という写真集はいつも枕もとにあって、毎晩眠りにつく前に開くのが儀式でした。チューリップ、バラ、キングサリ、藤と太鼓橋、そして有名な睡蓮の庭。熱烈に焦がれた場所です。


2007年、機会を得てようやくジベルニーを訪れた時、そのままの風景がそこにありました。本の中ですでに私はジベルニーに来ていたのです。

 

なにもかもが柔らかい光に包まれている・・・。夜明けから日没まで、この池のほとりにずっと座ってぼんやりと眺めていたいと思いました。

 

ヨーロッパに来て始まったジャポネスクから、アールヌーボー印象派

日本由来のどこか懐かしいこの景色を、香りにしたのもその年です。

 

 

睡蓮,スイレン,明治神宮,

 

スイレンはヒツジグサともいいます。午後、ひつじの刻(午後2時)に花を咲かせるといういわれからついた名前です。

水の上に浮かぶように花が咲いて、花は毎日、時間を遅くにずらして開く、また閉じるを、数日繰り返しながら、最後は閉じなくなりそのまま散ります。花は散ると水に沈むので、蓮のようにハチスはできません。

 

睡蓮(すいれん)と蓮(はす)は混同されやすいのですが別のものです。蓮の花は香気が高く、実は香水「Suiren」の香りは蓮の花を基にしています。

 

 

モネの庭の写真集↴

Monet's Garden: Through the Seasons at Giverny

 

 

 

スイレン /パルファンサトリ香水のご紹介  

parfum-satori.com

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.