パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ヤナギ

五月の夢 YUME

羽をもたぬ蝶、アヤメ「かの歌女もし我心に協《かな》はば、我はこれを贄《にへ》にせんといふ。(アンデルセン_即興詩人/鴎外訳)」森は神域 木は神殿 鳥の声は神楽 梢に渡る風よさやけし音は祝詞(のりと) 私は巫女

柳とういろう,ヤナギ,Willow

水辺の柳はとてもいいもんだ。一昨日もビヨウヤナギのことを書いていて、柳つながりのテーマである。柳を見るたびに思い出すお菓子がある。子供の頃、和菓子メーカーの青柳外郎(ういろう)という名古屋のお菓子がとても好きで、よくお土産に買ってきてもら…

もうすぐ処暑(しょしょ)Solar term

立秋を経て暦の上ではもう秋、そして今週末の8月23日は24節気の処暑(しょしょ)である。これを過ぎれば暑さも一段落という。今日は猛暑も最高潮というか、本当につらい一日だった・・。それでも1週間前の蝉時雨(せみしぐれ)はミンミンゼミが優勢だったのが…

柳(やなぎ)の四季

四季を通じて眺めてみると、柳もなかなか「おつな」ものである。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.