パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

ふゆはつとめて 清少納言 Sei Shōnagon

130112池の氷.jpg

 

冬はつと(夙)めて、雪の降りたるは いふべきにもあらず 霜のいと白きも またさらでもいと寒きに 火など急ぎおこして 炭もてわたるも いとつきずきし 昼になりて ぬるく ゆるびもてゆけば 火桶の火も白き灰がにちに なりてわろし

 

清少納言枕草子では、早朝の寒い時(つとめて)こそ、最も冬らしく美しいと言っている。

本当は冬は寒くて私には苦手な季節だけれど、元気を出して散歩に出た時は、自分が勇敢になったような気分(錯覚?)になってしまう。

寒くなければ冬ではない、とばかりに「いっそ潔く凍えるほど寒いほうがよい・・・」などと思ったりもする。
(いやー本当はあったかい布団の中にもぐっているのも好き♡)


本当の寒さは、東京ではわからないからな~とか、雪国の人は笑っているだろう。

東京の寒さは、木枯らしの乾いた冷たさ。
ほっぺたが痛い。

 

 

☆4月スタート  香水ソムリエ®講座の他の記事 

香水ソムリエ®はPARFUM SATORIの登録商標です。 【PARFUM SATORI 香水ソムリエ®通信講座】は、フランス調香師協会会員大沢さとりが開発した教育/学習プログラムです。

2月初旬に新しいスクールページがアップします。また、ブログ読者の方にスクールパンフレット・資料を1お送りいたします。ご希望の方はお問い合わせページよりお申し込みください。

香水ソムリエ®

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.