パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

春色のカバーで本を読む  booklover

20180329ブックカバー.jpg

日曜日、待ち合わせまで時間があったので、恵比寿のアトレで文庫本を買った。



レジで、「カバーおかけしますか?」と尋ねられたのでお願いすると、「何色にされますか?」と、こんどは10色ほどの小さな色見本を見せられた。



一瞬、なんのことだかわからなくて戸惑ったが、「カバーのお色はどうされますか?」とふたたび促(うなが)され、思わず

「じゃ、ピンクで」

と頼んでしまった。ちょっと派手かな~と躊躇(ちゅうちょ)するも、ショッキングピンクのカバーがかけられて、本を手わたされた瞬間とても嬉しい。

今まで、普通の書店ではお仕着せのブックカバーばっかりだったので、有隣堂(ゆうりんどう)のこのサービスはかなり新鮮でいい。キンドルや、アマゾンでは得られない楽しさに、また書店でリアルに本が買いたくなってしまった。





なんとなく女性らしい小説を読んでいるみたいだが、中身は時代小説。上田秀人の「町奉行内与力奮闘記」という、軽い読み物である。人間模様がおもしろい。

春で人出が多く、どこのカフェもいっぱい。かろうじてクラッシックな喫茶店ルノアール」に1席をみつけ、40分をカフェオレと読書に没頭したあと、待ち合わせ場所へと向かう。



春色のブックカバーとハッピーな気分を持って。





サクラ小 50×.jpg

"日本人にとっての「さくら」を作りたい"という思いから誕生した、パルファンサトリのさくら-Sakura-。日本の美意識を香りに託し、丁寧に処方を組みました。明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化する、匂い袋のような和の花の香りです。

●商品のご案内→
http://parfum-satori.com/jp/collection/sakura.html
●パルファンサトリについて→http://parfum-satori.com/jp/about/
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.