パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

母の裁縫箱③カミソリ TOPY SHARP BLADE

20151231母の裁縫箱 トピーカミソリ.jpg

昨日からのつづき

母の裁縫箱にあった缶のひとつには、古いカミソリが入っていた。
これは、ミシンで縫った糸を切ったりするときに使う。

なんて呼ぶのかな?
水色のプラスチックのケースに、ネジ2つでカミソリを止めるようにできている。

安全剃刀を流用した道具だ。
スウェーデン鋼、「トピー剃刀」と書いてある。


これは、裁縫道具だけど、そういえば昔の安全剃刀は、穴が二つ付いていたっけ。
それをシェービング用の剃刀ホルダーにネジで止めて、髭をそる。

小さい頃、朝、ひげをそる前の父に「ビズ」というか、ほっぺたをすりすりされると、ヒゲがヤスリみたいで痛かった。
固いヒゲをそると、すぐに切れが悪くなって、二日に一度は刃を変えていたのではないかと思う。

スウェーデン鋼は、炭素鋼といい、錆(さ)びるけれど固くて切れ味がいい。
それに対してモリブデン鋼は、ステンレス系の粘りのある錆びない金属。


20151231母の裁縫箱 カミソリ1.jpg

トピー、TOPYというのは、替え刃の会社なのかな。
缶は、スコッチのキャラメル?

私が、前歯が虫歯でまっ黒だったのは、こんなおやつをスコッチ食べていたからかもしれない。





☆パルファンサトリ オードパルファン  織部 
苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.