パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

つぐみと梅 Turdus eunomus

150204つぐみと梅.jpg

梅林に訪れているのはツグミ
冬に渡ってくる小さな鳥だ。

初めて名前を知ったのは中学生の頃読んだ小説、アガサクリスティーの「24羽の黒ツグミ」。
「クリスマスプディングの冒険」という短編集の中に入っている。

「昔はツグミを捕って食べた」というような話もどこかで聞いたこともあるし、名前をなんとなくは知っていたのだが、あらためてこの鳥をツグミと認識して調べた。

少し大きいスズメのようにも見える。


寒い土地から暖かい土地へ、あるいは暑いは場所から涼しいところを求めて、渡り鳥は長い距離を旅する。

近所で、エサをついばんで一生を終える鳥もいるのに、
あえて厳しい旅に向かわせるものは何なのだろう。

命じられたわけでもないだろうに、
「なぜ渡りをするのか、しなければならないのか?」
ツグミの体は知っている。


この梅林のつぼみはまだ固い。


つぐみ 鶫 学名 Turdus eunomus



▶ 梅の香りの香水。パルファンサトリ「夜の梅」
オードパルファン  Yoru no Ume  50ml 12000円(税抜)

始まりはせつない甘さが妖艶にも香りますが、天然ローズを中心としたフローラルから、徐々に石鹸のような清潔な香りになっていきます。女性の2面性を持つミステリアスな香り。



☆バレンタイン・ギフト  オードパルファン10本レフィルセット

パルファンサトリの香りを少しづつお試し戴けます。男性にお勧めのさわやかなB「10本レフィル」香りのマナーブック付き。3150円送料無料 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.