パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

匂いのあるバラ ③ Scented Rose Garden

120605アンブリッジローズ.jpg

アンブリッジローズ。(Ambridge Rose)
まるでおとぎ話の本から出てきたようなプリンセスなバラ。 

バラらしい強い香り。シトロネロールとゲラニオール。

もう、新宿御苑のバラも散ってかなり刈り込まれてしまっているが、撮ったまままだ整理していないバラの写真がたくさんある。

バラ園に行ったすぐはバラの名前とその香りが一致していても、なにしろ数が多いので、時間とともに記憶がぼんやりしてくる。

香りのメモとバラの写真が混乱しないよう、合わせて書きとめておきたいと思い少しずつ載せている。

 

120605フリージア.jpg

フリージア(Freesia)という名前のバラ。
フリージアのような黄色くていい匂いのバラだからこの名前になったけど、フリージアの香りとは違う。

フリージアという花はリナロールやジメトールの香りだから、バラの香りとは系統が異なる。

 

120606チャールズレニーマッキントッシュ.jpg

チャールズレニーマッキントッシュ。Charles Rennie Mackintosh

グアイヤックウッドのようなウッディ・ノートが強い。
確かにバラの要素にグアイヤックはあるけど、フローラルというより、不思議な香りがする。

ふんわりしたカップが開いてくると、中心部はロゼット咲きになる。


 

120606ダブルデライト.jpg

ダブル・デライト。Double Delight

赤と黄色の2色の蕾は、開花とともに色変りしていく。
こういう発色のいいバラは、きっと匂いがないだろうと思ったが、あにはからんや青い果実のような芳香。

シトロネロールと相まって、拡散性がある。
フレッシュでみずみずしいバラの香り。

さて、新宿御苑のホームページに、「バラ園のページ」を発見。

http://www.fng.or.jp/shinjuku/info/shinjuku_flower_bara1.html

香りについてはあまり書いていないが、少なくとも写真と名前を結びつける作業がとても楽になった。

 


 

芳香バラ(香りのある薔薇)の写真アルバムを、フェイスブックに載せてみました。
パルファンサトリのアルバム

ブログに載せきれないバラを、少しづつ載せていきたいと思います☆


▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

➤サンプルをお送りします!

パルファンサトリの香りをまだお試しになっていない方に、3種類のオードパルファンをお送りしています。1回分のオー・ド・パルファンが小さいアルミパックに入っていますので、直接つけた香りの変化をご覧いただけます。興味はあるけど、いきなりフルボトルは・・・とためらわれていた方もこの機会にどうぞ

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.