パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

スカボローフェア Scarborough Fair

120716タイム.jpg

どこか遠くから懐かしい曲が流れてきて、
とても好きな曲だったのに思い出せない。

鼻歌で旋律をたどってみても、すごく知っているのに出てこない。

しばらくしてからポンっと出て来た。
「スカボローフェア、サイモンとガーファンクル。」

忘れるなんてありえないのに。
やだなあ・・・。

120131ローズマリー.jpg

Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,

「スカボロー市に行くのかい?

パセリ、セージ、ローズマリ、タイム」

100527セージ.jpg

この曲がヒットしたときはまだ子供だったと思うけど、はやりすたりに関係なく、しばらくずっとラジヲから流れていたと思う。

当時は悲しげできれいな曲だなあと思っていただけで、深い意味を知っていたかも忘れてしまった。

だけれど、もう一度歌詞をよく読んでみたら本当に哀しくてせつなかった。

ローズマリーは「記憶」だから、歌詞の中の他のハーブにもそれぞれ意味が込められているのかもしれない。

 

 

http://www.parfum-satori.com/jp/collection/motherroad66.html


Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.