パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

大坊珈琲店  表参道

110207大坊コーヒー.jpg

青山通り沿い、表参道交差点近くのビル2階に、大坊珈琲店はある。

この近所に住んでいる例のR子ちゃんと、お茶をすることになった。
表参道ヒルズの前で待ち合わせて裏通りへ。

 

「どこにしますかー?」
と自転車を押すR子ちゃん。

ぶらぶら歩きながら、その辺の店を観察。
「いかにもおしゃれな店はヤダー」
などとわがままを言っているうちに、青山通りに出てしまった。

「あ、じゃあ大坊珈琲店にしましょう。珈琲がおいしいから」

 

外観はシャビーだが中はシック。
あたりまえに珈琲の香りが充満して昔の喫茶店にキターッという感じ。

読書カフェともいわれるらしい。
本がたくさん積んである。

つき当たりの花がよい。
暗めの店内に白い椿と辛夷(こぶし)がすっきりと活けてある。

みんな静かにコーヒーを飲んでいるので、
声が気になりヒソヒソ話となってしまった。

有名なお店らしいが、なんで知らなかったんだろと思ったら、
開店からまだ35年しか経っていないらしい。
最近このあたりで遊んでないからなー(って、私はいくつなんだ?)

ワハハ、子供だから苦いコーヒーは興味なかったのだ。

 

生のコーヒーはフレーバー・フリカーサー(前駆体)の状態。
焙煎しないと匂いがたってこない。

焼き肉と同じで、熱を加えると香ばしいあの香りがする。

 

110207.jpg

 

 

▶ パルファンサトリ香水「夜の梅」 

 

  

http://twinavi.jp/account/detail/parfumsatori

 

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.