パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

明治神宮

110110明治神宮.jpg

新宿御苑に行ったり、明治神宮に行ったり、アトリエから近いので、せっせと通っている。

 

去年の正月は(体重が)未知の領域に達してしまったから、春先に一度はがんばって落としたのだが、いかんせん年末年始は食の誘惑が多い。

せいぜい歩くことにしよう。。。と、年始に誓ったのであった。

 

 

110110明治神宮2.jpg

 

昨年は1月3日に初詣に行ったため、本殿まで2時間も並んでしまった。
しかも、お参りする場所はラッシュアワー新宿駅山手線ホームくらいの混み方でもみくちゃ。
ひさしぶり~にそんな目にあって、懲りてしまった。

そんなわけで、初詣には遅いけど、今年は8日に行ってみた。
ほどほどの人出で、やれやれである。

昨日はおさい銭箱がどーんと前面にあって、手前までしか入れなかったけど。

 

新宿御苑を歩くのもいいが、ここ明治神宮の森も、背の高い大きな木がたくさんですがすがしい。

 

日本は神道と仏教が、人々の中で緩やかに混在して信仰されている。
そのおおらかさが好き。

 

香りのイメージはしかし、お寺が香木などの、ややダークで茶系のオリエンタルウッディを連想するのに対して、神社はもっと白く明るく軽い、テルペン系ウッディを感じる。

衣装の雰囲気も、ご僧侶は厳かで、神主さんは清らか、そんな対比を想い浮かべながらテクテク歩いた。

 

110110明治神宮1.jpg

 

 

年末にパソコンの中身をウィンドウズセブンに入れ替えたので、いろんな設定がもー、大変で。
いつも何かを新しくするたびに、波及するバージョンになんだかんだと時間を取られうんざりするのだが、うまく機能するようになるとすっかり忘れて、また次の時に苦労しちゃうのだ・・・。

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.