パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

パルファンサトリ★4つの高評価! 「匂いの帝王」が世界中の香水を評価する『世界香水ガイド』

20180710perfumes the guide2.jpg
 
 
「匂いの帝王~天才科学者ルカ・トゥリンが挑む嗅覚の謎~」(チャンドラー バール著)のモデルとなったルカ・トゥリン。
 
2008年、2010年に続き出版した「香水ランキングガイドブック」の第3弾の英語・キンドル版がこの程(2018/6/26)出版されました。 
 
世界中の香水を5つ★で評価する『Perfumes The Guide(世界香水ガイド)』の最新版です!
 
パルファンサトリの香水は9つ掲載され、その内5つが★星4つにランクされました。
 

Hana Hiraku  (Satori) ★★★★

Silk Iris  (Satori) ★★★★  

Hyouge/formerly Oribe (Satori) ★★★★     

Sakura (Satori) ★★★★   

Satori (Satori) ★★★★

 
 
 
また、ハナヒラクは新しい香調(New Accords)のトップ10にもランクインしています!
 
Top Tens (and a Five)
New Accords
 
 XI L'Heure Perdue Castaña 
 Eau des Merveilles
 Bleue Everlasting 
☆Hana Hiraku /Parfum Satori
 Korrigan 
 Seine 
 Amoureuse 
 Tank Battle 
 Tian Di 
 Twilly
 
 
 
例えばこのように書かれています↓(日本語訳)
 
Hana Hiraku ハナヒラク (Satori パルファンサトリ) ★★★★ 
メロンフローラル
 
これほどまでに新しいトップノートに出会う驚きとはなんと楽しいものだろう。これまで私は、日本人は可愛らしいフローラルしか好きではないのかと思っていた。
パルファンサトリのウェブサイトには「クリーミーメロン」と記載があるが、この香りのトップアコードはむしろパパイヤっぽく、そこにはフレグランスの中では必ずしも多くの人が嗅ぎたいとは思わないミルキーな硫黄っぽい香りもしっかりある。しばらくすると霧がさっと晴れ、グリーンフローラルアコード、そして予期せぬうまみ香調(調香師の大沢さとりはベースノートには味噌や醤油の香りと語っている)が現れる。
専門的/業界的にはこれはフルーティフローラル調といえるが、そのフルーツは他の惑星からきたもののような印象を私は受けた。
そこらにあるどの香りにも似ていない、素晴らしい香り。
 
 

********************************************

 
 
このガイドブックを読んで初めてパルファンサトリを知り、六本木のアトリエショップを訪れたというお客様もいらっしゃいました。
 
ぜひ本をお読みいただけたら、そしてみなさまに香りをご覧頂く機会がありましたら、私どももとてもうれしいです。
 
アトリエへのお越しを心からお待ちしております。
 
 
これからもパルファンサトリの香水を、どうぞよろしくお願いいたします!
 
 
 
 
★パフュームザガイド→Perfumes The Guide 2018 (English Edition) Kindle
 
 
 
►まさに今クライマックスを迎えるワールドカップにちなんだウィットに富んだ記事もご覧ください↓
<FRAGRANTICA> Fragrant Dream Teams: A wardrobe of Scents Inspired by World Cup Japan
 
世界中の香水の情報をまとめたポータルサイトFRAGRANTICAにて、ワールドカップにちなんだウィットに富んだ記事の中でパルファンサトリが紹介されました。こちらの記事では、パルファンサトリはストライカー/センターフォーワードとしてリストされています!
 
 
********************************************
☆人気ブログ:パルファンサトリの香り紀行
********************************************
 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.