パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

夏の毎朝の一服② morning matcha green tea

20160813やまぶき.jpg

さとり「ほろほろと やまぶき散るか 滝の音 芭蕉

返して与一「さざれ蟹 足這ひのぼる清水哉 芭蕉

中宮寺落雁(らくがん)「山吹」にて毎朝の一服。




20160812ユーハイム.jpg

小学生の頃、母がよく銀座松屋で買ってきたユーハイムのアイアークーヘンを久し振りに発見。

今では地味な菓子になってしまったのかもしれないが、

カステラの間に杏ジャムが挟んであり、洋酒のしみた、しっとりとした生地が、当時は洒落たお菓子だった。

さとり「でかしたぞ与一、これは母上のお好みじゃ。懐かしいのう」
与一「昭和四十年代でやしょ?」



20160813ひまわり.jpg

与一「うわっ!ひまわりの硝子鉢に向日葵の抹茶碗、花までヒマワリじゃ、くどすぎんじゃないスカ?」
さとり「今朝のような憂い日は、ひまわりに囲まれていたい気分なのじゃ...」 



山盛りのデコポンゼリーと毎朝の一服。ナタデココ入り。



20160812祇園山鉾.jpg

この日は祇園祭祇園山鉾、長刀鉾を眺めつつ、

京都の天気はどうかしらなど思いながらの毎朝の一服。


さとり「あたし、あっちの車に乗りたい」
与一「う、うらぎりものっっっ!!」



20160811のんこう.jpg

8月11日は山の日。

楽茶碗は冬っぽいけど、胴の景色を山に見たてて使ってみた。

加賀の「塩どら焼き」と頂く毎朝の一服。

与一「海の日があったと思ったら、いつの間に山の日ができたとは、知りやせんでした」
さとり「人生、山あり海あり。しょっぱいねえ。」






☆毎朝いただく一服、お抹茶とお菓子を載せています。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.