パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

Kooza クーザ シルク・ド・ソレイユ

110306kooza2.jpg

たまたま切符が2枚手に入ったので、休日の午後L子ちゃんと二人、シルク・ド・ソレイユの「クーザKOOZA」を見に行ってきた。

 

シルク・ド・ソレイユは、ただのサーカスではないと知ってはいたが、
人間の体があんなにきれいなものだと は思わなかった。

女性は女性らしく、ただ痩せているのではない。
みっちりと鍛えられて
、引き締まった体はしなやか。

なんであんなに柔らかいの?
3人のコントーションcontrotionは、だれの頭で誰のボディかわからないくらい、クネクネと絡み合う。


でも、ブランコのお姉さんはバネのように強い。
メッシュの髪がワイルドだし、きれいですごくかっこいい。
あこがれるわあ・・。

男性も、いわゆるマッスル系の筋肉ではない。
必要なだけ、無駄なくついている。
筋肉を美しいと思ったのは初めてかも。

音楽も、衣装も、踊りも素晴らしくて、もちろんアクロバティックな演技も、さすがに超一流。

前から5番目の、正面に近い席は臨場感がいっぱい。
幻想的な舞台、めくるめく非現実の世界に、どっぷりと浸てきたのだ
うーん、夢の国って感じ。 

感動するって、大切なことだ。
娯楽は、生きる活力を与えてくれる。

 

このところ疲れていたし、休日は家でゆっくりしたい気もしていたのだが、出かけてよかったな~

 

終わったあとも興奮が覚めやらず、L子ちゃんと表参道でお茶をする。
パンフレットを開いて、みて来た演目を味わいなおしたのだった。

 

サーカスなんて、小さい頃ボリショイサーカスに連れて行ってもらった以来。

ゾウやら熊やらが舞台をグルグル回ったのを覚えている。

が、本当にみた光景なのか、あとからテレビで見た映像を記憶と勘違いしているのか、今じゃわからないが・・・。

一度見れば十分、という物が多い中、なんどでも見てみたいと思うような舞台だ。

私も、鏡もちになっている場合じゃない!
もっと体を鍛えたいと思ってしまった。。。

110306kooza3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.