パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

フレグランスデザイン講座の教材 香料など fragrance school

20171105ゼラニウム香料オルガン.jpg

 フレグランスデザイン講座の教材 香料など fragrance school

「フレグランスデザイン講座の教材香料はどんなものを使うのでしょうか?」

 
 
スクール教材として使用しているのは、天然、調合、単品香料の3種類。
天然香料は、パルファンサトリが香水の調香用に使用しているクオリティが高いものです。
 
調合香料は、初めての方でも使いやすく、素敵な香りができるように特別に処方いたしました。パルファンサトリフレグランススクールのオリジナルのベース香料です。
 
単品香料は、天然香料にはない香調のものも多く、香りのバリエーションを飛躍的に広げることができます。
 
 
それらたくさんの香料も、手順を踏んでカリキュラムに沿って学べば、効率的に覚えることができます。
 20180606教材3.jpg

香りを学ぶためには香料は必須です。本を読んだだけではわからない香りを、実際に嗅ぎながら、また調香しながら知ることができます。
 
幅広い香料素材を使うことが、楽しく香りを作るためには必要だと私は考えています。
 
イメージを描いて、自由に作品を作りましょう。

 

そしてその作品は、自分のための「オーダーメイドの香り」です

 
 
20180606教材2.jpg
 
2級までは、ピペットを使って香料を量ります。1級からは電子秤を使う方が多いです。
 
そのほかガラス製の小さなビーカー、スパチュラ、スポイト、香水ビンなどが初回教材についています。
 
 
20180606テキスト.jpg
 

講座はパルファンサトリオリジナルルーズリーフとカラーのテキストを使い学んでいきます。通信の方には、提出された課題を添削してお返しいたします。

 
 
 
-香料の詳細-
 
・フレグランスデザイン3級(3ヶ月)では、36本の香料を使います。
 
  (例)3級
  天然
   Rose ess, Rose abs, Jasmine ess,  Geranium, Ylang ylang,  Castoreum,
   Grapefruit, Petitgrain bigarade, Lemon, Orange sweet ,Lime, Bergamot,
 
  調合
   Rose, Jasmine,  Muguet, Lilas, Hyacinth, Cherry blossom
   Camellia, Freesia, Daphne, Honey suckle, Orchidee, Osmanthus, 
   Carnation,  Gardenia, Heliotrope,  Muskry, Amber, Civet, Rose others 
 
  単品
    Citronellol, Geraniol,  Rose P,  Eugenol  ,
 
 
・フレグランスデザイン2級では、36本×3=108本を学びます。
 
  天然香料はフローラル系、スパイス系、ハーブ系、ウッディ系、グリーン系などを
  グループごとに学びます。
 
  調合はフルーツ系やフローラル系のバリエーション、
  名香タイプと呼ばれる完成品に近いベースなどがあります。
 
  単品香料は2級後期からです。天然香料にはない、オゾン系、マリン系、
  アルデハイド系、パウダリー系などを使えるようになります。
 
 
・フレグランスデザイン1級では、さらに単品香料100本あまりを学び、すべてを終えると250本以上が使いこなせるようになります。
 
 
パルファンサトリ フレグランススクール  サイト

parfum-satori.com

 

生徒さんの声

parfum-satori.hatenablog.com

 

 

 
フレグランススクールについての記事
 
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.