パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

おおさむこさむ 大寒 水沢腹堅 Dahan (solar term)

130127水沢腹堅.jpg

「おおさむこさむ、山から小僧が飛んできた」

小さい頃は教えられるままになんとなく丸覚えして、
この大寒(おおさむ)と、大寒(ダイカン)を結びつけて考えたことはなかった。

そういうことって多いんじゃないかな。

 

唱歌、こいのぼりの中に出てくる、「橘薫る~♪」というフレーズも、「タチバナカオル」という人物だと思っていた友達もいたし。

 

今は二十四節気の「大寒」真っ最中。
池には厚く氷が張りつめている。


七十二候では「款冬華(ふきのはなさく)、水沢腹堅(さわみずこおりつめる)、鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と続く。

そして、それが終われば待ちに待った「立春」。
寒さが続いてても、日照時間は確実に長くなっている。

ああ、春よ来い!

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

「香り」を言葉で表現し提案するのが香水ソムリエ®です。

香りはファッションに関わりが深く人々の関心が高いにもかかわらず、その選び方や取り入れ方を苦手にしている人は少なくありません。それは香りを言葉で説明することが難しいことによります。

街を歩いているとき、商品を手に取った時、「ふとこれは何の香りだろう?」と考えたことはありませんか。それを知りたいと思いませんか。ワインのソムリエのように、いろいろな香りを言葉豊かに表現できたらどうでしょう。

 

パルファンサトリの香水ソムリエ®講座は、香りを自身の生活に取り入れ、あるいは人に提案し、四季折々で香りのある豊かな生活を送ることを目指します)。

パルファン サトリ フレグランススクールの他の記事

 

 

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.