パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

堆肥 Compost

150203堆肥2.jpg

堆肥、その生きている土。

呼吸する土。

冷たい朝に、もくもくと湯気を立てて、ふかふかの土がやってくる。
トラックで運ばれて、小さな山がいくつもできている。

150203堆肥6.jpg

荷台から降ろしたての土は、中に含まれる水蒸気が湯気となって上がっている。
少し落ち着いた土の山も、スコップで猫車に積み替えるたび、再び吐く息が白い。

この時期の新宿御苑では、こうしたすばらしい堆肥の山を見ることができる。

150203堆肥4.jpg

こうして猫車に積まれた堆肥は、林の中、樹の根元などにおろされ、
スコップで平らにならされて広く敷き詰められていく。

職員の方が大勢で一生懸命作業している姿をみていると、なんだか春が待ち遠しくてわくわくしてくる。




150203堆肥3.jpg

一握りの堆肥の中には、ものすごい数の微生物がいるそうだ。
これが植物残渣を食べたり、微生物どうしが食べられたりしながら、分解するときに熱を出す。
60度位まで上がり下がりの温度変化の中で、様々な菌相ができ異なる成分が分解されていく。

近づいても嫌な臭いではない。
少し焦げたような、樹皮のような、乾いた、スモーキーアーシーなにおい。
たぶん、においは堆肥の素材によっても異なるのだろう。



150203新宿御苑.jpg

堆肥と腐葉土、私にはいまひとつその区別がはっきりしないのだけれど。

腐葉土は、その名の通り原料が落ち葉をつかったもの。
私も昔、庭の落ち葉でつくったことがあるが、なかなかうまく腐食してくれなかった。
ただほっておけばいいというものではなく手がかかる。

堆肥はもっと素材がいろいろで、落ち葉の他、木や枝、樹皮などをカットしたものや、牛糞や鶏糞などの動物由来の素材を使ったものもある。

自然に任せるのではなく、人の手によって醗酵を促進させる。


150203堆肥.jpg

ここでは一年を通じて、多くの樹木を伐採したり剪定している。
これはみたところ、原料は、そうした剪定した木や小枝などをチップ化したもののようだから、やっぱり腐葉土ではなく堆肥なのかな。

150203堆肥5.jpg

さあまた、トラックが出かけていく。
ご馳走をとりに。



Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.