パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

花の毛氈(もうせん)cherryblossom

20170413桜じゅうたん.jpg

春の日差しが木立を透かし、花の毛氈(もうせん)にまだらな光を落としている。
ときおり風にゆすられて、あたらしい花びらがまたひと群れ、ふた群れと積もっていく。


20170413桜一葉.jpg

冬が、いよいよ遠ざかっていく。

ソメイヨシノの時期は去り、代わりに八重桜が咲き始める。
もう寒くなることはないと、安心させるような優しいさくら。

一葉(いちよう)という。








サクラ小 50×.jpg

"日本人にとっての「さくら」を作りたい"という思いから誕生した、パルファンサトリのさくら-Sakura-。日本の美意識を香りに託し、丁寧に処方を組みました。明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化する、匂い袋のような和の花の香りです。

●商品のご案内→
http://parfum-satori.com/jp/collection/sakura.html
●パルファンサトリについて→http://parfum-satori.com/jp/about/
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.