パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

少女マンガ雑誌「りぼん」付録 昭和51年8月号 RIBON Comic

160130りぼん付録2.jpg

昭和の少女なら、たいてい夢中になった少女漫画雑誌「りぼん」。

小学校の帰り、家の近くの地下鉄駅を上がったところに小さい本屋さんがあった。
毎月「りぼん」の発売日にはそこに寄り道して買うのである。

今、そこにはホンダのビルが立っている。


160130りぼん付録1.jpg

引っ越しが多い割に物持ちがよくて、部屋の押し入れの奥に、子供のころのものが案外残っている。
十五年ぶりくらいに茶箱を開けてみたところ、古い写真やら懐かしのグッズが出てきた。
タイムカプセルのようである。

「りぼん8月号ふろく」だって。

これは、昭和51年(1976年)のりぼんの付録で、太刀掛秀子(たちかけひでこ)、陸奥A子(むつえいこ)、一条ゆかり先生たちのイラストが描かれた「レターセット」。

なつかしいわー!


このころ、一条ゆかり「デザイナー」というのが連載していたのだが、ちょっと大人のストーリーだったので、ドキドキしながら夢中で読んだりしていた。

この雑誌の懸賞企画で、デザイン画の募集があって、3枚自信作を描いて送ったのだがボツだった。。。今でもどんなデザインの洋服だったか覚えているが、落選して本気でがっかりした。

昔の少女は純情だったのである。

160130りぼん付録3.jpg


こういったものは使えないし、持っていても仕方がない気もするが、今さら捨てるのも惜しく、そうやってとっておいたものがだんだん増えてしまうのが困ったものである。






パルファンサトリフレグランススクール
只今2016年4月生募集中!

「香り」を言葉で表現し提案するのが香水ソムリエ®です。

香りはファッションに関わりが深く人々の関心が高いにもかかわらず、その選び方や取り入れ方を苦手にしている人は少なくありません。それは香りを言葉で説明することが難しいことによります。

街を歩いているとき、商品を手に取った時、「ふとこれは何の香りだろう?」 と考えたことはありませんか。それを知りたいと思いませんか。ワインのソムリエのように、いろいろな香りを言葉豊かに表現できたらどうでしょう。

パルファンサトリのジュニア香水ソムリエ®講座は、香りを自身の生活に取り入れ、あるいは人に提案し、四季折々で香りのある豊かな生活を送ることを目指します。


さらに『香水をはじめフレグランスの知識が豊富で、コンセプトに合わせた香りのコンサルティングができるスペシャリスト』である専門的な「香水ソムリエ®講座」を目指すこともできます。

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/

スクールのブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.