パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

オランダ便り13 ズグロッピーノ Sgroppino

20170725ズグロッピーノ.jpg

ズグロッピーノ(Sgroppino) というウォッカベースの甘いカクテル。

今日はまた少し暑くなったので、オランダで飲んだ冷たいデザートドリンクのことを思い出して書いてみる。

20170725ズグロッピーノ9.jpg

この日のアムステルダムは7時でもまだ昼のように明るい。天気もよいのでフラットの近くのイタリア料理店の外の席で食事をする。アニョー(子羊)などをたっぷり食べた後、デザートの代わりに何か飲みたいとリクエスト。すると赤い口紅を塗ったきれいなお姉さんが、お店のオリジナルのリモンチェッロがあるとかなんとか。

てっきり、グラスに入ったリモンチェッロが出てくると思いきや、大きなステンレスのボールを抱えてきた。


20170725ズグロッピーノ5.jpg

中にはシャーベットのようなものが???



20170725ズグロッピーノ3.jpg

ウォッカをボールに注ぐと、おもむろに泡だて器でかき混ぜはじめた。



20170725ズグロッピーノ2.jpg

「お次はプロセッコでございます。」




20170725ズグロッピーノ1.jpg

プロセッコ、ドバドバ。



20170725ズグロッピーノ4.jpg

ふわふわになるまで、混ぜる、混ぜる。


20170725ズグロッピーノ6.jpg

注ぐ。

20170725ズグロッピーノ7.jpg

ひとくち頂くと、レモンの香りがする。スムージーのように冷たくて飲み易い。最初に用意されたのはレモンシャーベットだったのか?それとも、リモンチェッロを使ったシャーベットだったのかな?飲み易いけどそれなりのアルコール度数のはず。


20170725ズグロッピーノ8.jpg

あとで、なんという飲み物なのか調べてみた。おさらい。

このズグロッピーノは、レモンのアイスにウオッカとプロセッコが入っている。プロセッコは、プロセッコ種のブドウから作る、イタリア・ヴェネト州の発泡性ワインである。


アムステルダム、滞在したフラットのすぐ近くのおいしいイタリアン。










ようこそ、新アトリエへ!

☆六本木の新しいパルファンサトリで、みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

■営業時間、新しいアトリエまでのMAPなどはこちら→
http://parfum-satori.com/jp/salon/


Ours 2F Parfumsatori.jpg

左手のエントランスからお入りいただき、インターホンで201をお呼びください。
2階がパルファンサトリになります。


新住所:
東京都港区六本木3-6-8-OURS(アワーズ)2F
Tel 03-5797-7241

最寄駅からの順路➤地下鉄南北線 「六本木一丁目」駅 西改札より徒歩3分
     または➤地下鉄日比谷線大江戸線 「六本木」駅 より徒歩7
Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.