パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

香道

日本文化の香りと感覚(Scent and Sense in Japanese Culture)@チューリッヒ芸術大学講演2

9th/Nov/2018 スイス・チューリッヒ芸術大学<perfumative>にて講演しました。日本語原文です。結論香水は、目に見えず、形がないからこそポストモダンともいえる芸術になりえると思います。日本の美意識とは、まさに「形のない美」を楽しむということ。今日は、日本の感覚</perfumative>…

夏休自由研究 「香水」 ② way of incense

日本の香り 日本には、6世紀の仏教の伝来とともに「沈香木(じんこうぼく・じんすいこうぼく)」が入ってきました。

香の記録紙 和歌と絵と香と

昨日の野分香でも出てきた、香の記録紙。いつも素敵な和歌と絵が描かれている。これは、つわぶき。

野分せし小野の草伏荒れ果てて-野分香(のわきこう)

野分せし 小野の草伏 荒れ果てて(のわきせしをののくさぶしあれはてて)深山にふかき さを鹿のこゑ(みやまにふかき さをじかのこえ) 寂蓮法師

沈香木を包む 香包み

沈香木は小さく切られ、一片づつきれいな香包みに包まれる。

沈香の味(六国五味)

沈香木の味?それは、六国五味(りっこくごみ)。香道では、前に説明した沈香木(じんこくぼく)を使い、香炉で温めて香りを聞く(嗅ぐ)。

香木(こうぼく)と練香(ねりこう)

ひと口に「香」といっても、香道で使うのは沈香木(じんこうぼく)で、茶道で使うのは練香(ねりこう)と白檀(びゃくだん)である。源氏物語の薫物合わせ(たきものあわせ)で使われたのは練香のほうだ。

香道のお稽古始め

何から書き始めようかと思ったが、今日は香道のお稽古を始めた頃の話をしてみたい。

香道への招待

「香道への招待」は本のタイトルであって、私がご招待などとはおこがましいことである。

聞き香炉・阪井茂治氏作陶展

陶芸家の阪井茂治さんに、鍋島焼の香炉をいただいた。

匂い袋 初釜にて

遠州さんに続いて昨日の裏千家御家元の初釜でいただいたおみやげも匂い袋だった。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.