パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

昭和

昭和の夏 Showa

それは夏の暑い日、小学校から帰宅する電車内のできごとである。吉祥寺と渋谷を結ぶ、私鉄・井の頭線のその時間はまだ混んでおらず、立つ人もまばら。古い車両の天井には、扇風機がハタハタと回っていた。何度目かの駅で、ドアから白い蝶がふわりと迷い込ん…

ひな祭りHina-matsuri Girl's day②

これは三上戸(さんじょうご)の、泣き上戸君。そのほかに、笑い上戸、怒り上戸くんがいる。小さいころ兄にいじめられて泣くと「やーい、泣き上戸め~」とからかわれたものである。三人官女は、お姫様のお輿入れ(こしいれ)に随行してきたお付きの女官。後宮…

ひな祭りHina-matsuri Girl's day

昨年引っ越した新しいアトリエにお雛さまを飾った。2年ぶりである。子供の頃は母親が飾ってくれたものだけれども、自分で並べるようになるとつい出しそびれてしまう。2月が短いこともあり、ひな祭りは3月に入ってすぐであって、気が付いたときにはあまり日が…

終戦の日 8月15日 (end-of-war memorial day)

91歳の母が裁縫をしながら、何とはなしに話題が戦争中のことになったので、忘れないように書き留めておく気持ちになった。母は昭和19年に薬専(現在の薬科大学)に入学した。「20年、3月10日の東京大空襲のときは、東京目黒の五本木の学生寮にいた。東の空…

遠ざかる昭和 SHOWA

江戸時代が終わり文明開化がもたらされた明治は激動の時代であっただろうが、着物が洋装になり肉を食べるようになったとしても、庶民の感覚としてはさほど変わっていなかったのではなかろうか。 その後も、東京オリンピックのころ、街は開発されていったが…

母の裁縫箱③カミソリ TOPY SHARP BLADE

昨日からのつづき母の裁縫箱にあった缶のひとつには、古いカミソリが入っていた。これは、ミシンで縫った糸を切ったりするときに使う。なんて呼ぶのかな?水色のプラスチックのケースに、ネジ2つでカミソリを止めるようにできている。安全剃刀を流用した道具…

母の裁縫箱②風月堂ゴーフルのボタン入れ Sewing Box

昨日のつづきだが、これは、風月堂(ふうげつどう)の小さいゴーフルの入っていた缶。懐かしいわあ。こちらのゴーフル缶のボタン入れは、裁縫箱の中で始終目にしていたせいか、ちっとも珍しくもないと思っていた。たまたま、昨日のスイスの老舗「レッカーリ…

母の裁縫箱①レッカーリフースのキャンディー入れ Lackerli-Huus

今日、母の裁縫箱を開けてみて、思いがけず変わったものを見つけた。これはレッカーリフース(Lackerli-Huus)というスイスのお菓子屋さんのタブレット入れ。たぶん、昭和30年代のものと思われる。母の針箱は、なんだかわけ分らないモノがたくさん入っていて…

NBAロゴ1978年

久しぶりに捻挫をした。数十年ぶりである。今日はごく個人的な日記である。(まあいつもそうだけど) 先週土曜日の朝、人気のない新宿御苑の中を機嫌よく歩いていたところ、歩道のマンホールの横に大きな段差があったのに気が付かず、あっと気がついた時は…

昭和初期の花嫁衣装 showa

昨日からの続きだが、そんなわけで昭和24年、両親は結婚したのである。 髪の結い方こそ今と同じ高島田であるが、昭和20年代までの花嫁衣装は、白無垢ではなく黒の引き振袖であった。 着物の裾(すそ)と袖(そで)の下の方に中心に柄が描かれている。 結婚後…

昭和の学生ファッション 母の肖像 portrait

前回の続きであるが、昭和20年頃、これは母の大学時代の写真である。先日の引越しのその折、たくさんの古い写真が出て来たので、スキャナーでとっているうちに載せてみる気になった。 母は東京の昭和薬専(現:昭和薬大)を卒業して、国鉄病院に入りそこで父…

昭和の子供ファッション  SHOWA

先日、母が長く住み慣れた千代田区麹町の実家の引越しをした。 その折に、古い写真などが大量に出てきたのである。 母はこの引越しを機会に、「自分の昔の写真は死ぬ前に全部捨てる」と言ってアルバムを大量に整理していたのだが、母の若いころなど、もった…

終バスに乗って  the last bus

終バスに乗って家に帰った、それはまだ昭和の話。(この写真は「バス」というだけで、この話とは関係ないのだが・・・。)どこの帰りだったか忘れてしまったが、母に手をひかれ、暗い道のバス停で路線バスを待っていた。反対側の車線を、逆の目的地を目指す…

関東大震災 祖父の写真 kanto-dai-shinsai

最近メディアで、今後起きるであろう大震災の情報を盛んに流している。 家の物置の荷物を整理していたら、昔のアルバムが出てきた。1923年に関東大震災が起きた、その直後に撮った写真のようだ。祖父は明治生まれで、当時大学を出るかでないかの年だったろう…

お蚕(かいこ)さん①シルク

アルバイトのT君はスポーツマンだがワイルドではない。 ある日、サロンに飾ってあるユリの蕊についた「やく」をピンセットでとってもらった。蕊の先についている、茶色くてポワポワした部分だ。

みぞれの朝

朝早く、まだ薄暗い中で目が覚めた。 昨日から降り続いた雪がみぞれまじりの雨となったことは、ぴしゃぴしゃという少し大きく、そして間延びした音でわかる。 久しぶりの休日の朝、なんとなくぐずぐずベッドの中にいて、覚めきらぬ意識の中を漂流している。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.